トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
3/16 paradice ライブ
2014-03-18 Tue 22:44
3/16(日) 扇町パラダイスに来ていただいたみなさんありがとうございました。
ライブ活動をしばらく休んでから、前回のライブから間隔があいた形となりましたが、
楽しんでもらえてよかったです。

セットリスト
1.asbestos
2.fools paradise
3.time forest
4.soldier(NEW!!)
5.D.C.
6.survival cell

新曲を披露したのですが、
かなりかっこいい曲に仕上がりました。
Soldier(兵士)という曲は
何百、何千年前に、今自分たちの住んでいる土地を作り上げた
兵士たち、その土地に住み着いた兵士でない人たち、
その人々に思いを向けて歌った曲です。個人的にはHysteria Siberianaの続編のつもりで歌詞を書き上げました。(メンバーには内緒ですけど、ここでこっそり発表させていただきます)

少し今までのORANGE STONESとは
曲の印象がかなり違って、オリエント感の漂う曲調です。
ですが、ORANGE STONES節は感じさせる曲に仕上がっています。
すごい手前味噌ですけど、
かっこいいです。
これからもっと音を出しながら、メンバーのイメージを詰めていきます。
大阪のライブではどんどん披露していこうと思いますので、
みなさん楽しみにしていてくださいね。

次のライブは4月に福岡、5月に大阪、6月に東京と、
続々決まっています。
詳細はスケジュールにアップしていきますので、
初めてご覧になった方、ご無沙汰の方、
どうぞチェックの程よろしくお願いします。



話は変わりますが、
盟友バンドのGRIKOの
Gt.テンメイが3/19(水)寺田町Fireloopのライブをもって脱退するそうです。
Twitterで発表したのかな?
モリタから連絡があって知りました。

今回のことで思ったのは、
改めてGRIKOのリーダー セミマルの決断力はすごいなと。
人と人が関係を作るとき、それを解消するとき、
とてもエネルギーがいるし、
決断力が必要と思うんですね。
彼のすごいところはリーダーとして、しっかり決断すること。
もちろん他のメンバーの意見があっての決断と思いますが、
責任はリーダーが負いますからね。
それを実行するところが彼の良さですね。

皆さんも時間がありましたら、是非足を運んでやってくださいね。


スポンサーサイト
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
たかじんさん逝く
2014-01-08 Wed 09:49
1月7日たかじんさんのホームページで今月3日に亡くなられていたことが発表されました。


順調に回復していると誰もが思っていただけに、大変悲しい思いです。今はただご冥福をお祈りします。


思えば天満の立呑屋で隣のお父さんと仲良くなり、僕がバンドやっていることを伝えると、「関テレでは働いとるから、歌うたってるんやったらたかじんさんにゆうたろか?」と言われ、恐れ多くてお断りしたことがありました。

あの時無茶してでもお願いしていたら、何かつながりができていたかもしれないし、なかったかもしれない。

ただ、そういった小さいエピソードも思い出しながら、今日は静かに偲びます。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
ニッポンを思う
2012-08-15 Wed 23:44


地元で撮った風景

終戦日の今日、8月15日。
あれから67年がたちました。


今僕たちが住んでいる世界は、戦争を経験したひとたちが、もう二度と同じ過ちを繰り返さないために作りあげてきました。


果たして、僕たちはどれだけその思いを受け止めているのでしょうか。



今日という日だからこそ、いつもよりじっくり考えたいと思います。




NHKで国歌斉唱について~というテーマで特集がありました。

去年、卒業式で口元チェックを行ったってマスコミから大バッシングを受けたあの高校の校長も取りあげられていました。



ここでは口元チェックが良かったかどうかは語りません。そもそも国歌斉唱、国旗掲揚ってなんだろうというところを考えます。



国歌といわれている君が代を歌うこと。国旗である日の丸を掲げること。



正直、僕には何の抵抗もありません。



むしろ誇りに思うくらい、僕は君が代を、そして日の丸を日本人としての誇りやと思っています。



その理由として、あげるとしたら2つあります。



まず一つめ。
サッカーW杯フランス大会の初戦アルゼンチン戦。


今まで夢にまでみたW杯の舞台に立ったニッポンの選手たち。そこで歌われる君が代。今思い返しても、涙か込み上げてくる次の世代に誇れるシーンでした。



次にF1ハンガリーGP。
そのレースは雨で全レーサーがリタイアやマシントラブルなどに悩まされるなか、最後まで気持ちを切らさず優勝したジェンソン・バトン。
長年のF1参戦経験はありながら、なかなか優勝できなかったバトンが、とうとうやりとげた勝利。(彼は翌々年シリーズを制覇しワールドチャンピオンになったが)そのハンガリーの表彰台で流れた君が代と日の丸は印象的でした。


ドライバーをたたえるイギリス国歌「ゴッドセイブクイーン」演奏、そして日の丸掲揚と君が代演奏。

日本から参戦してたエンジニアたちもみんな号泣でした。



そこに同じ日本人であることに誇りを持つことか何がいけないんでしょうか。君が代に誇りを持つことに何がいけないんでしょうか。




明らかに世代を感じます。





だけど、そうやって反発しているひとがすべて悪いのかといったらそうではありません。戦中の日本教育を繰り返さないためなど、強い意思を持った方たちがたくさんいます。




その意見たちは、僕らだけでなく次の世代につなげていかなければいけないことだと思います。


そして僕たちも、日の丸や君が代に対してどういうスタンスでいるのかということも考えていかなければいけないと思います。 




この論争を一部で終わらせてはいけない。日本人としてできること、しなければいえないこと。

今日という日だからこそ、みなさんで考えていきましょうよ。





u.
未分類 | コメント:3 | トラックバック:0
orangestonesとは
2012-07-23 Mon 13:00
難波ロケッツ来ていただいてありがとうございました。

ドイツからのバンドのツアーサポートでしたが、いい刺激になりました。


改めてORANGE STONESというバンドの意義をふりかえることができました。



「何でオレンジストーンズっていうんですか?」「なんでつけたんですか?」
よく聞かれるんですよ、実際。

大好きな映画監督がいて、スタンリーキューブリックっていうんですけど、あの人の映画に『時計じかけのオレンジ(原題:a clockwork orange)』というのがあるんですね。その世界観にすごい共感を受けて、俺もこんな表現がしたいっと思ってつけたんですね。

まあ、ただオレンジってつけただけではおもしろくないんで、じゃあ何しようかって考えた時に、ストーンズって響きいいなぁって思ったんです。
ストーンズといえばローリングストーンズですか、俺らがストーンズって呼ばれたいって思って大それた名前つけたんですね。

今思えばすごい無謀なネーミング(笑)


名前負けしないくらい、もっとディープでタイトな表現をやっていきます。センキュー!!



U.
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
at 下北沢
2012-06-24 Sun 21:21
今日のライブの昼ごしらえ。
下北沢の某肉の牧場店にて津田とecosystemの要くんと





久しぶりの東京のライブ、みんな楽しんでくれてうれしいです。



『fools paradise』を発売して初めての東京でしたが、意気込んでいた分すごい楽しいステージであっという間でした。


この瞬間の音、この瞬間のトキメキをさらに高めたライブをしていきますので、これからもよろしくお願いします!!


6/24setlist
1 hystetia siberiana
2 shine on you
3 BigDay
4 fools paradise
5 time forest
6 survival cell
7 asbestos

u.
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
| 午睡はベースを抱きながら |
| 午睡はベースを抱きながら | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。